親の最初の贈り物【命名】|信用できる占いサイトを選ぶために。ランキングサイトを見てみよう!

カラー占い

親の最初の贈り物【命名】

サイコロ

名付けで重要視するポイントは人それぞれですが、大きく分けて3つくらいの傾向に分かれることが多いです。 音の響きを先に呼び名やニックネームを決めて、そこにニュアンスの合漢字を考えるという方が多いです。男の子の名前でも心地よい響きが感じられる【はると】や【いつき】【りく】といった名前が好まれているようです。 また、気に入った漢字を使う方もいます。キラキラネームという言葉がありましたが、最近の傾向では、古風な漢字を使う名前も人気があります。【匠(たくみ)】や【禅(ぜん)】【縁(えにし)】等、男の子だからこそ、古風ながらも、音感や、響きが男らしい名前をつける方も多いです。そして、やはり、姓名判断をした上で、画数を考えて名前を付けるやり方も根強い人気があります。「字画で子どもの運気が向上して欲しい…」親の率直な願いが込められた名付け方です。

必ずしもではありませんが、男の子の場合は将来、苗字が変わらないことを想定している人が多い為、響きや、好きな漢字と合わせて【画数】の事も考える事をお勧めします。 姓名判断には諸説ありますが、苗字と名前を合わせて考えることが一般的で、苗字は既に変えることができないものなので、名前の画数で、全体的な運勢を調整するというやり方になります。つまり、苗字が違えば、運勢が良い名前も変わるということです。 ではどうやって"運勢のよい画数”を知ったら良いのでしょう。 神社で姓名鑑定をする方法や、印鑑屋で姓名鑑定をするというやり方があります。しかし、神社ではおおよそ初穂料で1万円程かかりますし、印鑑屋で姓名鑑定行う場合は、鑑定料は無料でも数万円も印鑑を作る必要がある場合もあるので、気軽には運勢の良さそうな画数を知りたいという方はWEBサイトを見てみるのが良いでしょう。具体的な姓名判断の考え方を言及しているサイトも多数あります。 いずれにしても、男の子に限らず名前は一生もの。親が子どもに送る最初のプレゼントという気持ちで、子どもが生まれて慌ててつけるのではなく、生まれる前からじっくりと考えるのが良いでしょう。